トップページ 医院紹介 診療紹介 診療時間・アクセス リンク
一般歯科 小児歯科 矯正歯科 訪問診療 インプラント 予防歯科
歯周病 スポーツ用マウスガード

一般歯科 一般歯科とは虫歯と歯槽膿漏の治療および歯牙欠損部の補綴(補うこと)を主とした歯科治療のことです。これは通常どこでも行っているものですが、小児歯科、矯正歯科、口腔外科などの新しい専門的な標榜科が生まれた為、これと区別する意味で「虫歯ができた」「しみる(はしる)」「痛い」「腫れた(ケンベキがでた)」などの症状は一般歯科治療を行うことができます。(ホワイトニングも含む)
このページのトップに戻る
小児歯科 小児歯科とは子供の虫歯を治すだけでなく、虫歯のない歯を残す為にブラシング(歯磨き)指導を行ったり、フッ素塗布やレーザー照射を行うことで歯質強化を行って「予防」をします。
また、永久歯を正しい位置に生やし、健康なお口の状態に育てることを治療の目的としています。
子供達を虫歯、歯周病、不正咬合から守る為に、事実に基づいた医療を実践し、おすか歯科医院ではできる限りの努力をします。
もともと生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には細菌はいません。それがいろいろな経路を経て口の中に細菌が感染します。
虫歯の主な原因であるミュータンス菌は、歯の表面にしかとどまれません。ところが、生後6ヶ月前後で歯が生えてからこの菌に感染すると歯の表面に付着し、他の細菌と共にプロフェッショナルな歯科衛生士、歯科医師でも簡単には取り除けない「バイオフィルム」といわれる細菌膜を形成し、歯が全て無くなるまで一生口の中に住み続けます。
虫歯は虫歯の原因菌に感染して発症する感染症です。定期検診とフッ素塗布による、経済的かつ効果的に虫歯を予防することができます。
小児歯科の治療の内容を順に追ってみましょう。
@まず最初に受付で問診表を書いていただきます。
小児歯科の場合は、お子様について色々な質問をさせていただきます。
A問診表を書き終えて呼ばれるまで待合室でお待ちいただきます。
おすか歯科医院では、お子様がリラックスできるキッズコーヒーを用意いたしております。
B入室はお母様、お父様といっしょでも・・・!慣れたらお子様お一人で!!(3才以上)
お子様にとって最初は恐ろしいのでお母様、お父様と入室されてもOKです。
大半のお子様は、慣れたらお一人で入室できるようになります。ご安心ください。
C口腔検査やレントゲン検査、口腔内写真など最初にいろいろな検査を行います。
必要な時はお母様、お父様にも入っていただき質問をさせていただきます。
D口腔内の状態やこれからの治療について写真やレントゲンを使い説明します。
何でも質問してください。実際にお子様の口の中を写したビジュアルでの説明も可能です。
E治療は歯科医師にまかせてください。
治療はゆっくりお話しながら行います。
お母様は極力待合室でお待ちください。安心しておまかせください。(とはいえ、暴れる場合は協力をお願いすることも稀にあります。)
F会計、帰宅、メンテナンス
やっと治療が終りました。
「今度はいつかなぁ?」お子様も一緒に相談しましょう。
また全ての治療が終りましたら、4〜6ヶ月おきの定期検査をお勧めします。定期的に様子をみせてください。
このページのトップに戻る
矯正歯科 歯並びの矯正は、コンプレックスを解消し、表情や性格までも明るくする事ができます。装置を外した後の患者様の素晴らしい笑顔を見る事が何よりの喜びであります。その笑顔の為に患者様一人一人の立場になりながらその方にとってベストな治療をチョイスする事が我々の使命だと考えております。ぜひお気軽に相談してください。
※矯正治療は一度始めると長いお付き合いになります。自分に合った納得のいく歯科医院を選んでください。「きれいな笑顔は一生の財産です」ご自分の歯に興味を持ち、そして大事にしてください。
矯正治療 担当医師
大村浩一(日本矯正歯科学会認定医)
1965年生まれ
1991年岐阜歯科大学(朝日大学)歯学部卒業
大阪歯科大学矯正学講座入局
2000年オーラルデザイン矯正歯科医院開業
2004年には「インターネットで選ぶ歯科医院の大阪市内の矯正歯科部門」で第二位にランクされた先生です。
http//www.oral-design.jp/オーラルデザイン矯正歯科
趣味 少林寺拳法 日本拳法 デッサン
矯正治療を行うとこんな効果もあります。
  • よりかめる
  • 発音障害が改善される
  • 調和のとれた顔立ちになる
対症となる症例
  • 出っ歯の方
  • 受け口の方
  • 歯並びの悪い方
  • 噛み合わせの悪い方
  • 上下の歯の出てる方
※上記の不正咬合は、ほとんどの場合通常の矯正の治療で改善できるものですが稀にレベルの大きな(いわゆる骨格性の)不正咬合の場合「骨切り手術」が必要な場合もございます。その時は診断の上、病院歯科への紹介、もしくは病院歯科との連係で治療することになりますので、御了承くださいませ。
当院での症例のほんの一部
※当院ではできるだけ非抜歯矯正を心掛けておりますが、場合によっては抜歯が必要となる場合もございます。なぜ矯正治療の為に抜歯が必要なのかを、丁寧に説明させていただき、納得していただいてから矯正治療を行います。
おすか歯科医院矯正治療のご案内
矯正治療のながれ
@初診相談
初診相談の際に、ご質問に答えするとともに治療方法や費用について概略をお話いたします。
ご説明したお写真と治療予定書をお渡しいたしますので、内容をよくご検討下さい。
A精密検査
噛み合わせや骨格のズレ、骨の中の様子を調べ、現在の状態の分析を行い、その方にあった治療方法や最適な治療の時期を考えていきます。
●写真…口の中の写真、顔の写真を記録することで治療後の変化をわかりやすく比較できます。
●歯の型…立体的な模型により上下の顎のズレやより詳しいかみ合わせの状態を観察します。
●レントゲン写真…骨格的な問題点や骨の状態を調べることで治療の進め方を決めていきます。
B診断
患者さんの希望や精密検査の内容をふまえて、不正咬合の状態、治療方法、治療期間、について詳しくご説明いたします。気になることは何でもご質問ください。
C矯正治療開始
診断結果に沿って矯正治療を行って参ります。装置の選択につきましては、患者様本人、ご両親様と相談し、できるだけご要望に添うようにいたします。
治療期間は不正咬合の状態や歯の動きにより変わりますが目安として本格矯正開始から約2〜3年間程度かかります。(治療の開始時や治療中にブラッシング指導や口腔内のケアをあわせて行います。) 通院の間隔は1〜2ヶ月に一度の来院となります。
D保定:アフターケアー
通常、矯正装置がはずれた後に、歯並びの安定を計るために保定期間を設けております。
約2年間、年に2〜3回程度の来院にとなります。
E終了
きれいな笑顔や歯並びは一生の財産です。矯正治療が終わってもご自分の歯に興味を持って長く自分の歯で物が噛めるよう大事にしてあげて下さい。
お子様の矯正治療について
当院ではお子さまにとって負担が少なくなるように、最初は取り外しのできる矯正装置から始め、また出来るだけ装置の付いている期間が短くなるような能率よく治療ができる時期を選んで矯正治療を開始する事をモットーとしております。
お子様の状態によっては相談に来ていただいてもすぐ矯正治療を始めるのではなく適切な時期まで待つ場合があります。
現在、混合歯列(小学生高学年頃)からの矯正治療については「奥歯に隙間を作る装置」、「あごを大きくする装置」等を使用することにより、従来よりも「歯を抜かない」で矯正治療を行うことが可能となっております。
当院では、混合歯列期から治療を開始した場合、8割以上の方が、非抜歯で矯正治療を終了しております。
成人患者様の矯正治療、抜歯について
顎の成長が期待できない成人の方、あるいは歯を抜いた方がお顔立ちがキレイになる患者さんの場合には抜歯治療をお勧めする場合もあります。この場合でも、診断時に、なぜ抜歯したほうが良いのか十分な説明を行い、患者さまに十分納得していただいた上で、治療方針を選択していただけるように心がけております。 抜歯治療による口元の変化
抜歯治療による口元の変化
矯正料金について
相談¥3,500
検査¥50,000
診断検査費用に含みます
基本治療費(全部)¥500,000〜¥600,000
オプション ※1ブロックとは前歯6本または片側の奥歯4本の矯正。
セラミック使用
(白い装置を使用した場合)
¥30,000加算
MTM(部分矯正)1ブロック¥100,000
(基本)メタルブラケット(オプション)セラミックブラケット
来院毎
調節料¥2,000〜¥4,000
観察料装置撤去後
¥1,000〜¥2,000
※基本治療費には治療終了迄の全ての装置代金が含まれます。
※調節料と観察料は毎回の装置の内容によりかわります。
※装置の脱離や急患の処置の場合は調節料はかかりません。
※消費税を含みます。
●お支払い方法
矯正費用(調節料以外)につきましては、矯正治療開始後に、1〜24回(治療期間によっては36回)分割でお支払いください。
分割払いでも金利や手数料はかかりません。
●医療費控除とは
「1年間に支払った医療費が10万円を超える場合、超えた分を所得から差し引くことができる制度」です。ようするに、1月1日〜12月31日に10万円以上をお医者さんに払ったら後でチョットだけお金が返ってくる、ウレシイ制度です。所轄税務署から矯正治療に関する診断書などを求められた場合には、当院にて無料で発行いたしております。お気軽にご相談ください。
このページのトップに戻る
インプラント インプラントは従来の入れ歯とは違い、失った天然歯の代りの人工の純チタン製の歯根を代用し、天然歯と同様な機能を取り戻すことのできる治療方法です。
院長は、より幅広いニーズに対応ができるよう学会、研修会での「研鑽」を怠ることなく日々、努力しております。
当院ではインプラントの世界3大メーカーの1つであるストローマン社/スイス製のI.T.Iインプラントシステムを採用しています。40年以上の歴史のある会社で当院では10年前から取り入れているシステムです。
治療方法について
インプラントはこのように行います
※注 タバコをすわれる方は10年後の機能している確率は4分の1減るといわれます。
このページのトップに戻る
予防歯科
 (PMCT)
予防歯科PMTCとはプロフェッショナル・クリニカル・トゥース・クリーニングの略でプロによる歯の清掃のことをいいます。
毎日すみずみまで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくいところ、汚れのたまりやすいところができてしまいます。この部分のクリーニングを徹底的に行うのがPMTCです。
当院では、あなたの歯にあった予防プログラムをつくり、PMTCを行います。 歯医者さんの「エステ」と思っていただけたらいいでしょう。
このページのトップに戻る
歯周病 現在、日本人の成人の70%以上が歯周病といわれます。
「歯周病」とは読んで字のごとく「歯の周りの病気」です。
歯を支える歯肉や歯槽骨の組織をジワジワと破壊(昔は「細菌が骨を溶かす」などと考えられてきましたが、現在では患者個々の体の免病細胞炎症細胞などによる、いわゆる細菌に対する生体の防御反応の一つとして、生体自らが歯周組織を破壊していく病気であることが証明されてきました。)する歯周病は「静かなる病気」といわれるほど、気づきにくい病気です。
気がついたときには、意外に進行しているケースが多く、成人の歯の抜ける原因として、歯周病によるものが増えています。

症状は?
  1. 歯がむずがゆい感じがする
  2. 歯と歯肉が接しているところが赤く腫れている いわゆる「けんべき」状態
  3. 歯を磨いた時、出血がみられる
  4. 歯肉から膿が出る
  5. 口臭が気になる
  6. 唾液がネバネバする
  7. 朝起きた時に口の中が気持ち悪い
  8. 食べ物が噛みづらくなる
歯周病は正しいブラシングと歯周病にかかりにくい生活習慣を心掛けることである程度予防できます。
定期検査をすることにより早期治療、予防になりますのでお気軽にご相談ください。
歯周病と全身との関連について
@ 歯周病と低体重児早産の関連について
歯周病を放置したまま出産を迎えると統計的に圧倒的に(明らかに)低体重児早産になりやすくなります。
A 歯周病と心臓疾患の関連性について
歯周組織の炎症が原因で血流の成分が変化する為、血中で炎症細胞が増えて高コレステロール血症となり動脈硬化をおこしやすくなります。
結果的に血液を介して他の臓器、組織の炎症破壊をすすめることになります。
B 糖尿病と歯周病との関連について
歯周病の放置によりインスリンが組織に応答しずらくなり、血糖値が上がってしまい糖尿病を悪化します。
※言いかえれば、歯周病の治療をすることでインスリンの感受性が回復し、血糖値が正常に近づくことが期待できます。
歯周病についてのQ&A
歯と歯ぐきはどういう作りになっていますか?
 歯は、歯髄、象牙質、エナメル質という3層構造で、歯根膜をクッションにして歯槽骨や歯ぐき(歯肉)などに支えられています。
歯は、血管や神経の通っている歯髄、それを取り巻く象牙質が中核をなしていますが、歯ぐきから出ている部分(歯冠)はエナメル質に、歯ぐきに埋まっている部分(歯根)はセメント質に覆われています。歯根は歯根膜をクッションにしてアゴの骨の一部であるし歯槽骨に植わっています。歯槽骨が破壊されるくらいに歯ぐきの炎症が進むと歯が支えきれずに、ぐらついたり抜けたりしてしまいます。
歯周病とはどんな病気ですか?
 歯を支える歯ぐきなど歯の周囲に起こる病気です。歯の土台の病気ですから、進行すると歯がぐらつき、ついには抜けてしまいます。
歯を支える歯ぐきが炎症を起こし、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)が深くなるとアゴの骨の一部である歯槽骨が徐々に破壊されます。厚生省(現・厚生労働省)の調査によりますと、歯周病の予備軍にあたる人は10人に7人いることがわかりました。
歯周病の原因はなんですか?
 歯周病菌といわれる細菌が原因です。
歯と歯の間や歯と歯ぐきの間に食べカスが残っているとそれを栄養源として細菌が増殖し、歯垢(プラーク)がつきやすくなります。プラークの中の歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こし、歯周ポケットをつくります。炎症が進んでポケットが深くなるとアゴの骨の一部である歯槽骨が破壊されはじめます。
歯周病はどのように進みますか?
 歯肉炎が起きたときからはじまっています。
プラークや歯石を放っておくと、歯周病菌の影響で歯ぐきが赤く腫れあがってきます。炎症が歯ぐきにとどまっている状態が歯肉炎です。炎症が進み歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)ができるほどになると歯周炎と呼び、歯槽骨の破壊がはじまります(軽度)。ポケットが深くなると歯槽骨の破壊が進み歯がぐらつきはじめます。(中等度)。歯根のほぼ全体が露出するほど歯槽骨が破壊されると、歯が自然に抜けてしまうこともあります(重度)。
歯周病にはどんな治療をしますか?
 プラークコントロールを毎日続けることが治療の第一です。
原因となっているプラークを取り除くプラークコントロールが治療の基本です。歯と歯の間は歯間ブラシ、もっと狭い隙間はデンタルフロスなどを補助器具として使います。歯みがきで取れない歯石は歯科医院で専用の器具を使って除去してもらいます。重症になると外科手術が必要になることもあります。※出血がひどい場合は、抗菌薬を塗布したり内服することもあります。
歯周病の予防はどうすればよろしいですか?
 歯みがきの習慣と規則正しい生活が歯周病を予防してくれます。
食べたらみがくという習慣をつけることです。ポイントは正しいブラッシングでプラークを取り除き、歯周ポケットをつくらないことです。また、不規則な食生活、偏食、喫煙などの生活習慣を改善することで抵抗力が高まり歯周病の悪化を防ぐことができます。※入れ歯など義歯は、普段から清潔に保ちましょう。
このページのトップに戻る
スポーツ用
 マウスガード
サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、バスケットボール、野球、ラクロス、相撲、空手、ボクシングのようなコンタクトスポーツでは、年間20人に1人は脳震盪を経験し、一度経験すると約4倍の確率で再度経験するともいわれます。脳へのダメージや脳震盪を繰り返すと、加齢とともに将来その影響がどのような症状として出るのか、今大きな問題となりつつあります。  アメリカでは大学や高校のフットボール選手にマウスガードを使わせたところ、脳震盪の発生が激減したという報告もあります。
このページのトップに戻る






>トップページ >医院紹介 >診療紹介 >診療時間・アクセス >リンク
Copyright (C) Osuka Dental Clinic. All Rights Reserved. Made by Apia Co,Ltd